腰痛の症状

腰痛は若い人から年配の人まで幅広い層の年代に起こるため、症状も実に様々です。

同じ痛みでも冷やした方がよくなる場合と、温めた方がいい場合があり、自分で判断して対処してしまうことで治りにくくなってしまう可能性もあります。

年齢問わずに疲れが溜まっている時などに腰を曲げたり、少し体をひねると、突然腰が痛くなり、動けなくなるのが、一般的によく耳にするギックリ腰です。一瞬にして激しい痛みが生じ、動けなくなります。

ギックリ腰のような痛みで、安静にしていても良くならず、腰の痛み以外にも足のしびれも感じるような場合には、腰椎椎間板ヘルニアの可能性も疑った方がいいでしょう。

腰椎椎間板ヘルニアは、立った状態よりも前かがみや座っている状態で痛みを感じやすいため、靴下を履く動作で痛みを感じるのであれば注意が必要です。

脊髄分離症は、体を後ろに反らせたり、長時間同じ姿勢をしていることで腰に痛みを感じます。

脊髄すべり症になると、重苦しい腰の痛みから始まり、足にも痛みやしびれを感じるようになります。

椎間板性腰痛は、椎間板の老化によって起こる腰痛で、神経の刺激により腰痛を感じるのです。長時間同じ姿勢でいると痛みを感じ、横になると症状がやわらぎます。

腰痛の症状で一番多いのが、腰痛症といわれる腰痛です。

腰には日常生活の色々な動作の負担がかかりやすいため、腹ばいなどの無理な姿勢での読書やテレビ観賞、高さの合わないテーブルなどで腰痛を引き起こしてしまいます。

あぐらをかいたり、布団や枕を変えることでも腰に負担がかかるでしょう。

腰痛症は、腰が重い・だるい・凝るなど、痛みが鈍いので、自覚症状があまりない場合がほとんどです。

何気なく過ごしている日常生活の中で腰痛が慢性化してしまうことも多いです。


詳しくはこちら ⇒ 福辻式 腰痛改善ストレッチ